作ってみてわかる。ホームページとは。

最近、何屋さんかわからなくなってる

しゃおりです。笑


絵描いて

絵描いて

セッションして

文章添削して

ラクガキして

漫画読んで

pixiv徘徊して

夫と喧嘩して仲直りして

デザインして

真面目な打ち合わせして

カレー食べて

ホームページ作って〜


仕事始めた頃だったら

あれこれやるのは頭がごっちゃになって

気持ちが忙しくなって

嫌だったんだけど

今では「ピンときたらなんでもやりま〜す」状態です。


先に自分の時間を確保した上で

「これはやれる」

「やりたい」

というものだけを選ぶようにして

どんな相手でも

私がちゃんと主導権を握って

言いたいことを言うようにしていたら

(横暴っていう意味じゃないですよ!

こちらのできることや流れ、必要なことをちゃんと伝えるってこと。)

全然苦じゃないのね!



今、ホームページ制作を何本か同時進行してるんですけど

スタンスは変わらず

気持ちはいつでもラクガキインタビュー。



↓ホームページヒアリング中に

お客様が面白い暴言を吐いたので

思わず書きとめたラクガキ。

何を言ったかは秘密。笑


お客様の意向を汲んで、作ります。とか

大人しいことできません。


最初、お行儀良くしようと思ったら気分下がって大変だった。笑

サクサク切り込んでいきまーーーす。


以下、私がヒアリングと制作で言い放った言葉たち。↓


「なんか仕事じゃないこと考えてますね、今。」

「このメニューちょっと変えた方がいいんじゃないですか?」

「こっちはあんまりやりたくないですよね?やめましょー」

「あなた結構嫌なヤツじゃないですか。そこがいいんですよ。笑」

「こういうこと(装飾ゴリゴリのヘッダー等)すると胡散臭さ満点になるのでしません」

「安易な「ワクワク」の使用はダサいのでやめてください。」



ホームページって、今、無料ツールで簡単に作れるんですよ。

おしゃれなデザインもいっぱいあるんですよ。

もちろんお金出せばプロに作ってもらえる。


でも、作りゃあいい、って言ってできるものではなくて

本人の気持ちを整えて、迷いをなくさないと完成しないです。

しかも、本人にその気がないときに、周りにどんなにアドバイスされても

手取り足取りやってもらっても無駄なんすわ。

それはルポ制作で実感してる。笑


だから、高確率で

メニューの見直し

気持ちの整理

仕事への想いの確認

などが必要になります。


タイミングというものもあります。

心が決まってないと、ちゃんと完成しないのね。


で、作るぞ!!っていうタイミングは

「この仕事をもっともっとやりたい!広げたい」

っていう気持ちになった時。


そんなときに、ブログだけ、から

ホームページを持ってのお仕事になると

自分の気持ちも切り替わって、いい後押しになります。

文章も、自分の言葉を大事に作ると良いです。


↑が全部サポートできるのが、稼ぎ頭をプロデュースなんだわ。

ということで、ホームページ制作は

当分「稼ぎ頭」オプションになると思います♪

あったら絶対にいい!と思った方には全力でオススメし

笑いながら、サックサックと作っちゃいたいと思います♪



なぜ私がホームページ制作をできるかというと

オタクだからです。

(中学生の時から自分でサイト作って運営してた。オタクみんなやってる。)

オタクってなんでもできるんだぜ。

0コメント

  • 1000 / 1000