ラクガキインタビュー♪自分の道を行くことで周りも勇気づける

異界絵師・緋呂さん。

実は、昨年東京でお会いしたときから

「いつか、しゃおりさんのイラストで自分のことを描いてみて欲しい」

と言ってくださっていて・・・


東京・神楽坂での「龍の箱庭展」という個展を終えた直後のタイミングで

インタビューを申し込んでくださいました。


画風の全く違う絵描きさんからのご依頼。

正直、嬉しいと同時に、ドッキドキでした。


絵は、先生に「お前、なんで来たんだ!!」と言われる

劣等生からのスタートで(共感!!(T^T))

スッパリやめた時期もありながらも

また、導かれるように描き始める。


再開した時、描き始めたのは「天使」の絵。

その後、神様、龍・・・そして、仏様

人間界に遠いような近いような「異界」の絵を


「何か(降りて)来ちゃった時に、手の動くまま、描いている」


もーー、近寄りがたい芸術家さんかな、と思うじゃないですか。

でもね。右側の部分を見て欲しいんですが



お話しした感想は「頭の柔らかい芸術家」


「自分の知識や技術を人に見せたくない!」

「全てを自分の管理下に起きたい!」と言うことなく

制作過程は、写真や動画で見せて

個展は、招致歓迎。


今まで、苦手だった「自分の絵に値段をつけて売る」ということも

相場という枠を出て、自分で価値を決めた。


これ、全部すごく勇気のいることで

自分の人生の舵をとるぞ!いい方に進むぞ!って決めた人しか

できないこと。


そんな自分を応援したい!と集まってくれる人にも


「人生は、自分で決めれば思った方へ向かって行くよ!」


と伝えたいそう。

だから、個展も、途切れずにたくさんの人で賑わったんですね。

これから、全国、世界で・・・と続いて行くのを

楽しみにしています。


私は

「仏様やお寺は緊張するけど、コワモテの不動明王には親近感がある」

がツボでした。笑

怖い方が安心するんだ!とw



そしてそして

緋呂さんからの新しい提案。

「このルポ、自分で色を塗ってもいいですか?」

と。


・・・その発想はなかった!!!

でも、絵描きさん・絵心のある方ならそれが可能なのか!


緋呂さんの色彩感覚で色を塗って、ブログに載せてくださいました。

自分では塗れない綺麗な色使い、嬉しい。


↓のブログからご覧ください!!

ヒロさん。ありがとうございましたーー♪

しゃおりイラスト制作所

イラストルポライターしゃおりのサイト。 鋭いインタビューと手描きイラストを使った伝わる販促制作はもちろん お仕事の内容・やり方・開業のご相談もお受けしています♪

0コメント

  • 1000 / 1000