【冊子】にしなり★つながりの家とみんなをつなぐものがたり

川辺さんとお話すると、大阪に行きたくなる

以前、川辺さんとの打ち合わせ後の楽しい気持ちを

ブログに掲載しました。

あの時の気持ちをそのままに

16ページのコミックエッセイを描き下ろした

新作冊子が完成しました!!

冒頭4ページをどうぞ。

 

 

今回、制作の仕事としては

ほぼ初めての提案をさせてもらいました。

 

それは 

 

「川辺さんと関わってきて、見てきて感じたことを

しゃおり視点のエッセイという形で描かせてください」

 

ということ。

 

絶対良くなる気しかしなかったし

川辺さんは超多忙なので

 

先に冒頭4ページ完成させて

 

「今回これでいかせてもらいたいんですが」

 

って言ったの笑

 

「もうワクワクしかない!!!」

 

って

任せてくれてありがとう、川辺さん!

 

通常、PR冊子って

ページ数も限られているし

会社や団体の活動を知ってもらうものだから

作者は、まあ、出てこないです。笑

 

でも、やってみたかったの。

 

今回ね、ちょっと恥ずかしいしドキドキしてるんです。

私が人生で感じてきた(とりわけ、ここ最近心の激動の中で感じた)

ことを、漫画の中にたくさんちりばめたから。

 

わかった顔をしないで

なるべく「いいこと」を描かないで

感じたことを素直に描こう、って思ったの。

 

漫画では、川辺さんが

しんどい人たちを

信じて、信じて、根気よく

関わり続けていく様子や

そのこころ、葛藤を描いています。

 

しんどさも、想いも、その人にしか

本当のところはわからない。

でも、川辺さんはじめ

お話に登場するいろんな人に共感したから

その、共鳴した部分を書きました。

 

私も、まだまだ葛藤の毎日だなーって。

そして、それを全て対面のコミュニケーションで

伝えるのって、難しいんだよね。

だから、漫画があるんだよ。

 

どうにも狂おしい

「わかってほしい!」が生まれた時

しんどいときは、ぶつからなくていい。

でも、諦めなくてもいいの。

 

私のお客さんが、私に想いを形にすることを

託してくれるように

ゆっくり漫画として表現していこうって思った。

 

今目の前にいる、近くにいる

大切にできる人と関わりながら

伝えたいことは

漫画でたくさんの人に届けようって。

 

そんな試みを

お仕事の中で挑戦させてもらえて

すごく幸せだなあと思います。

 

これから、たくさんの人に配ったり

WEBで公開したりしていく予定です。

川辺さんの活動ある限り、続きも描いていけたらと。

ぜひ、応援をよろしくお願いします!!

 

全文が、しゃおりのPixiv↓から読めますので

どうぞ♪boothで紙版の配布も先行して行なっています。