「ちょっとしたイラスト」をうまく見せる方法を、なぜかファッションに例えだすしゃおり(ユニクロ女子)


イラストって、綺麗にかけるとか、形がうまく取れるとか

できればいいに越したことはないんですけど…


「うまく見える」って大事じゃない?

って思っています。


ほら、服とかもそうじゃないですか!↓


私だって、あんまり絵は上手ではないし、綺麗でもないのです。

「嘘だ!」って言わないで。

デザイン系の学校入って数カ月で先生に

「お前、デッサンは諦めろ。」

と言われた私です。。。


今日はそんな、絵の世界では落ちこぼれだった私が続けている

「絵がなんかいい感じに見えるコツ」をお伝えします。


①輪郭を少し太いペンで描く

↑上のイラストの、ショートケーキみたいな感じです。

なんか、ガタガタしたイラストでも(笑)

輪郭を太くすると、不思議と見やすいイラストになるんです。

小学生の頃読んだ「漫画の描き方」の本で知って以来

ずっと使っている技法です。

イラストレーターさんたちは、自然にやってるかも。

ファッションでいう「締め色」なのか?


②周りにフキダシ、文字などを入れてごまかす(笑)

絵単体ではちょっと自信がない!!!

ならば、周りに色々書き込んで

楽しい感じにしてやればいい!!!

ファッションでいう「気になる部分から視線を散らす」ことなのか。

その下に「全てをキッチリ描かない」ともありますが

全部を完璧に描き込むと

見る人が、どこがメインなのかわからなくなります。

軽い「抜け感」が大事?


③お花・星・キラキラ…周りにいろんなモチーフを描く

ファッションでいう「アクセサリー」ですよね(もういいよ!)

ただの棒人間を描いてもイマイチイラストっぽくないけど、汗や動きを表現する

マンガっぽい効果や

小さい葉っぱやお花、謎の小さい○、星、キラキラなど

周りに散らすだけで、おしゃれなイラストっぽくなります!



以上、3つのコツをお伝えしましたが・・・


これ、全部私がイラストルポでフル活用している小技です。


絵にコンプレックスがあったからこそ

どうしたら、いい感じになるかな?

全体のバランスが取れるかな?と

アレコレ試していたら、アイディアがたまってきました。

(今だに「毎日続ける!絵が上手くなるドリル」みたいなのもやってる。笑)


絵心にあふれていなくても

ちょっとの工夫で楽しいイラストが描けるんですよー♪



そんなことを、昨年の夏、子ども向けのワークショップでお話したのでした。

しばらくワークショップをすることはないかな・・・と思うので、公開!

↓全体像。



ブログのヒントをくれた

折り紙クリエイターのshokoさん、ありがとうございます♡



*****お知らせ*****

「誰でも参加できる打ち上げ」の詳細もアップしました!!!

 初の札幌開催! 

 好きを仕事にする見本市

2018かさこ塾フェスタ札幌

日時 2018年5月19日(土)10:00-18:00

会場 ミライストカフェ &キッチン

(北海道札幌市中央区南3条西5丁目1−1 ノルベサ 1F)

入場無料・誰でも参加できます! 

**************


しゃおりイラスト制作所

イラストルポライターしゃおりのサイト。 鋭いインタビューと手描きイラストを使った伝わる販促制作はもちろん お仕事の内容・やり方・開業のご相談もお受けしています♪

0コメント

  • 1000 / 1000