自由とは難しい。

公務員って、自由とは程遠い職種でした。

発言にも、行動にも、とっても気をつけなきゃいけない。

決まりとして定められているものから

イメージからくる暗黙の了解的なものまで

自由が大好きで、人と違う考えをしがちな私には

とっても縛りが多いように感じていました。


だから、フリーになったら、自由に好きなことを発信しよう!!

と思っていました。

「フリーで仕事をする」ということと同時に

「自分の考えを自分の言葉で書く」

が、ものすごくしたかったのです

賛否が分かれるようなことも

誰憚ることなく書くぞと笑


しかし、いざフリーになってみたら、どうでしょう。

ブログ、楽しく書いています。

思いも素直に書いてます。

お仕事もとっても楽しい。


でも、自分で自分を制限するようになりました。

こんなこと書いたら、お客さんからマイナスイメージでみられるかな

親が読んだらどう思うかな

元職場や、地元の人はどう思うかな

賛否が分かれること、エビデンスなしに書くと、反撃喰らうかな

読んだ人を傷つけるかな


そんなことを考えたら、賛否が分かれる話どころか

疲れているとか、子育てが辛い、の一言を書くことさえ

躊躇するようになりました。

念願のフリーランスになったのだから、辛い日があるなんて書いたら

怒られる。(誰に?)

いい自分。充実した自分。楽しんでいる自分。

悩み事があったって、解決してから書く。解決できた自分。

そういう面を見せていかないと。

逆に、よく見せすぎるのも感じ悪いかと思って

自己卑下してみたりさ。

めんどくせー!!!!(笑)


実際はね、毎日悩みながら進んでいます

気持ちの上がったり下がったりだってあります

できる!!と思ったことができる日もできない日もあります

自慢したい気分の日もあります

根拠はないけど書いてみたいこともあります


「ブログを何の目的で書くのか」などと考えはじめたら

私は足がすくんでしまうのです


背伸びせず、変に卑下もせず、あれこれ考えすぎず。

ここらで一旦リセットしてみようかな。


ん?どこかから

「お前のことそんなに誰も気にしてねえよ」

って声が聞こえてきますね?

うはは。ほんとにな。

しゃおりイラスト制作所 伝わる販促サポートとイラストエッセイ

イラストルポライター&イラストエッセイスト しゃおりのサイト。 可愛くて楽しい手描きイラストが目をひく販促作成から、雑誌・地域紙掲載のイラストルポ・エッセイまで お任せください。読む人を惹きつける「命」が宿った作品を作ります。

0コメント

  • 1000 / 1000