【イラストルポ】ちいさな想いを手渡していった先、世界をすこしだけ変えたい。オーガニックことりカフェ 松本まみさん


「オーガニックことりカフェ」

江別市新栄台にある自宅カフェです。


カフェを一人で切り盛りする松本まみさんと出会ったきっかけは

前職での食育事業に協力していただいたことした。


子どもたちの食育に関われることをすごく喜んでくれて

私たち若手職員のことも、いつもお母さんのようにあたたかく見守ってくださるので

後輩とふたり、ランチ兼打ち合わせで

ことりカフェに行くことを楽しみにしていました。


そんな松本さん。

私の独立を自分の事のようにわくわくして喜んでくださって

ルポの募集を見て

「たくさんの想いもあるし、伝えたいんだけど

声高に叫んだり、焦って伝えるようなものじゃない。

しゃおりさんのルポなら、私の思うスピードで伝えられると思った」


と、依頼してくださいました。


とてもとても、嬉しかったです。


取材をすることになって初めて

今まで深く聞いたことのなかった

子どもの頃にご両親を亡くして、おばあちゃんに育てられたこと

6年前、ご主人が末期がんと診断されたこと

ご主人の食事療法で、オーガニックの食事を極めたことを知りました。

(ご主人は、今も元気です♪)


もともと食べることも料理も好きで、お店を出すことが夢だったけれど

こんな流れがあって

野菜や肉・魚から調味料までこだわり尽くした

「オーガニックことりカフェ」のかたちができたのです。


まずはルポをどうぞ!^^



ことりカフェは、お店のポリシーとして

野菜、米、肉・魚介類・調味料に至るまで、安心して食べられるものを使用しています。


でも

松本さんの一番真ん中にある大切なことは

「安心安全ないいものを食べて健康であること」ではない。

もちろん、それも大事。


たくさん話を聞いて、私も体感としてわかるんですが

一言で表すのが難しいんです。

松本さん自身も、答えが出ているわけじゃない、葛藤しながら、進んでいる。



究極は


「1日1日を大切に、楽しく生きること」。


元気でいるためにも、楽しく食卓を囲むためにも、ごはんは大事。

でも、頑張りすぎて辛くなっちゃったら意味がないのも知っている。


だから、ことりカフェを「自然派で敷居の高い店」

松本さんを「意識の高い人」なんて思わないで。


お家でも作れるくらいシンプルで簡単な

でも、丁寧に作られたごはんを食べて

松本さんの優しさに触れて

ホッとしたら

「ごはんっていいもんだな」

「おいしいな、楽しいな」

「大事にしたいな」

そんな気持ちをちょっと持って帰ってほしい。


そして


「流れに逆らわないこと」。


ご主人の食事療法に取り組んだ時、お二人には

「がんをやっつけてやる!」という気持ちはなかったそうです。


「がんがあってもいいじゃん!とにかく1日1日を元気に楽しく過ごせるようにしよう」

と、気持ちを前向きに切り替えられたことが良かった、といいます。

「ごはんも大事だけど、気も大事。究極、気だなあ。って思った。」


食べることにこだわることも

「「自分だけ」いいものを食べたいとか、人間のために安全な食べ物を作るとか

エゴではないか?って思う。私たちは、みんな自然の中の一部なのに・・・

でも、健康でいたいし、小さな子どもを抱えるお母さんの気持ちはまた違うのもわかるし

難しいよね(笑)」と。

そんな葛藤がありながらも、できることを一つ一つされています。



強い信念はあるけど、誰のことも何も否定しない。

自分の信念のためだけに突っ走ることもせず、周りの人を

目一杯大切にした上で、ゆっくり歩む。



なんか・・・・・・

天使さんなのかなって思う。笑



平日、江別でお昼を食べるなら

ぜひオススメしたい

いろんな人を連れて行きたいお店です。


お弁当の注文販売や

お弁当・スープ・パンでイベント出店などもされているので

チェックしてみてくださいね^^


オーガニックことりカフェ

ホームページ

しゃおりイラスト制作所 伝わる販促サポートとイラストエッセイ

イラストルポライター&イラストエッセイスト しゃおりのサイト。 可愛くて楽しい手描きイラストが目をひく販促作成から、雑誌・地域紙掲載のイラストルポ・エッセイまで お任せください。読む人を惹きつける「命」が宿った作品を作ります。

0コメント

  • 1000 / 1000