【イラストルポ】世のため人のために頑張ることが、ちゃんと自分に返ってくる。江別青年会議所ってどんなトコ?

イラストルポのモニター募集を始めた、午前10時ぴったりに

メールの音が鳴りました。


江別青年会議所さん。。

内部に知っている方もいますが、お会いしたことのない方からの連絡でした。

新会員募集チラシを、ルポで作って欲しい、とのこと。


しかも、「えべ恋」を7年前に購入して

「こんなに地元を愛して頑張っている学生がいるのに、大人は何をやっているんだ!」と

熱くなってくださっていたそうなのです。

そして、独立とモニター募集の噂を聞いて、10時を待ってメールをくださったと。


ひいきするわけじゃないんですけど、、やっぱり

江別市の方からの依頼は

「私のこと、見つけてくれたんだ。。共感して、頼みたいと思ってくれたんだ。。」

と嬉しくなるものです。


まずは、概要と、中心となって申し込んでくださった

西脇理事長、会員拡大担当の後藤議長の熱い思いをご覧ください^^


青年会議所、とは

主にそのまちにある企業で働く人たちが加入して

勉強会をしたり、まちおこしのイベントを企画したりして

まちを元気にしながら

そこで働く自分たちも成長していこう!

という団体です。

(稚拙な文章ですみません。。)



江別青年会議所の皆さんは

ここ数年、えべつの「食」に関するイベントを主催されています。

(EBE-1グランプリ、えべつスイーツフェスタを経て「まるごと江別」へ)


江別のこれからについて考えるフォーラムや、市政選挙の前には

市長候補を集めての公開討論会。

当時、役所に勤めていた私(お仕事でもご一緒していました)からの印象は

「市役所にはできない、思い切ったことをできる方々」。


お話を聞いていくと、西脇理事長は

「JCは、ある程度失敗を恐れずに

新しい挑戦をすることができる。」と、


後藤議長も

「役所にできない部分は、僕たちが頑張る。一緒に江別を盛り上げたい。」

とおっしゃっていました。



働き盛りの20〜40歳


自分の会社があって

自分の仕事があって

自分のプライベートもある。


それだけで

人生は結構、いっぱいいっぱい。



でも、ここには


「自分たちの住むまちを良くしたい。」

「仲間と一緒に学びたい。」

「新しいことに挑戦してみたい。」


と集まった人たちがいて

(後藤さん曰く「ちょっと変態だと思います」とのこと。笑)


若い頃は訳がわからない中でも

動き続けた結果


一人では絶対にできないたくさんの経験から学んで


頑張る姿が人の目にうつって

自分の仕事でも信頼されて


市内だけではなく全国にも

頼もしい仲間ができている。


「君たちは一体何がしたいんだ」

と批判される新しい試みも


続けるうちに実を結んで

大人気になって

まちになくてはならない存在になっている。


そして、まちが良くなることは

回り回って

今働き盛りの自分たちの子どもや

もっと未来の子どもたちのためになっていく。


たくさんの活動をしているけれど

ブレない軸はひとつ。


「自分たちの住むまちを良くしたい。もっと、みんなに江別を好きになって欲しい。」


熱いなーーーーー。

JCさん、好きだ。。。。。。(告白。笑)

今年は、どんな活動が見られるのでしょう??


ものすごく楽しみです。



このルポは、そのままチラシとして配られるとのこと!!光栄です。。


近年、農家さんが初めて加入したり、女性や、20代前半の会員もいたり

市民に開けたイベントも定着してきて、新しい風が吹いている、青年会議所。

(学生の加入、江別近郊在住、出身、在勤の方なども歓迎!)



江別で頑張っている、これから頑張っていく人たちが

「へー・・・なんか楽しそう」

「自分も頑張ってみたい、学びたい」

と思って、アツイ人たちの仲間入りをしてくれることを期待しています!!


一般社団法人 江別青年会議所 ホームページ



イラストルポは、7月下旬インタビュー、8月納期以降のご予約を受け付けております。

詳しくはこちらをごらんください!


しゃおりイラスト制作所 伝わる販促サポートとイラストエッセイ

イラストルポライター&イラストエッセイスト しゃおりのサイト。 可愛くて楽しい手描きイラストが目をひく販促作成から、雑誌・地域紙掲載のイラストルポ・エッセイまで お任せください。読む人を惹きつける「命」が宿った作品を作ります。

0コメント

  • 1000 / 1000