人の気持ちに敏感なのって、生きづらい?

小さい頃から、人の気持ちに敏感で

共感して、一緒に悲しくなってしまったり

なんとかしてあげなきゃ、と思ってしまったりすることで

疲れてしまって、生きづらさを感じる方は少なくないと思います。

(専門用語好きではないので、何々体質、とかいうのは避けますね。)

そして、心のことってなぜか「気持ちの問題なんだから、みんなに合わせてもっと頑張れ」

とか言われてしまったりね。。


でも、肌が敏感でお化粧品が使えない人や

アレルギー体質で食べられないものがある人に

に「もっと頑張れ、みんなと同じものを使え、食べろ」って言わないよね。

化学物質過敏症のように、ダメなものがたくさんな人は、生きて行く環境さえ

限られることもある。

そして、体が敏感だからこそ、同じ悩みを持った人に

知識を分けてあげられたり、気持ちをわかってあげたりすることができることもある。


本当は心も一緒なんだと思うんだけどな。

敏感ゆえに生きにくい環境はある。

でも、人の気持ちがわかるからこそ、というか

そんな繊細さを持っていないとできない仕事だって沢山ある。


なんでも感じ取りすぎたら疲れてしまうので

(私は最近までそうでした!!)

自分を守る術は必要だけれど


もし、生きづらさだけを感じている人がいたら

その優しさを必要としてくれる環境に、移動したっていいんじゃないのかなって

思います。

あとは、素直に表に出してもいいと思う。


ただ、弱い弱い詐欺というか。。

私弱いのよーーーーわかってーーーを言い続け何も変わらない人には

私は付き合ってられんけど。笑


自分の性質って、いいところもあるんだな。って

思ったら、人生楽かなーと思って。

書いてみました^^

しゃおりイラスト制作所 伝わる販促サポートとイラストエッセイ

イラストルポライター&イラストエッセイスト しゃおりのサイト。 可愛くて楽しい手描きイラストが目をひく販促作成から、雑誌・地域紙掲載のイラストルポ・エッセイまで お任せください。読む人を惹きつける「命」が宿った作品を作ります。

0コメント

  • 1000 / 1000