自分の「心地よい」と人の喜びって両立するのか(驚)


ちょっと前のブログ「「家族サービス」と、働くかあさん「罪悪感」との戦い」で感じたことや

方眼ノートの講座での、牧さんの言葉

「自分の心地よい、をちゃんと優先して行ったら、結果的にお客さんを喜ばせることができる」

(ニュアンスで書いてます(・・;))

を経て、今週末。


娘と過ごす姿勢が変わっている自分に気づきました。


夫がいない、娘と二人の時間

今までは

「先に、娘のやりたいことを叶えてあげる。

ある程度遊んだら、テレビを見ていてもらって、家事や仕事をする」


と、自分のやることと娘のやりたいことを分けて考えていました。

中断しようとするともちろん、娘は駄々をこねて、私イライラ。

結局、娘が寝るまで何もできず、

寝静まってからクタクタになって家事をする。

自分のやりたいことや仕事をしようとする前に体力切れ。

という状況が続いていました。

家が汚いのは嫌だから、できればちゃんとしたい家事も、だんだん億劫に^^;

なんて不器用な。。。。。。笑



でも、この週末、夫が留守の時間帯

娘と遊ぶなら、私も楽しいことをやろう!!と

自分の、紙大量ストックの中から色画用紙を出してきて、紙切り遊び




めっちゃ汚れたけど(笑)楽しかった〜〜〜!

娘も大興奮。

次に進む前に、一緒にお片づけ。


「この袋に入れてね?」「よし、競争だー!」と言ったら

楽しそうに、やる、やる!できるじゃん!


遊びの続きをする前に掃除をしたかったので


娘にはミニほうきを持ってもらって、私は掃除機かけ。



得意顔で掃き掃除したり、掃除機を一緒に持ってくれたりします。

洗濯物畳んだり、一緒にキッチンに立ったり、

お手伝いしてみたくなるお年頃なんですよね。


部屋がすっきりして、私もすっきりしたので

やっと、娘が朝から行きたかった公園へ。



家のことは済んでいるし、私も気持ちよく一緒に遊べる!!


わめかれて、家事も片付けずに行く公園ではモヤモヤするけど

先に家のことを済ませられた(しかも娘と一緒に楽しく)ので

リクエストにも気持ちよく応えられたし、楽しかった。



あ、なんだーーー。

「人を楽しませる・喜ばせる=自分が我慢する」と言う

方程式自体が思い込み・勘違いだったの!?


他の人間関係や仕事にも言えるよね。


あれあれ?これってもしかして、フツーに当たり前のこと?


今までナニで自分を締め付けてたんだーー!誰得?笑



そんなことに気づいた週末でした。


相手のことを思って、自分の希望を我慢しなくても

お互いの「心地いい」「楽しい」は両立すること、意外と多いのかもしれません。

しゃおりイラスト制作所 伝わる販促サポートとイラストエッセイ

イラストルポライター&イラストエッセイスト しゃおりのサイト。 可愛くて楽しい手描きイラストが目をひく販促作成から、雑誌・地域紙掲載のイラストルポ・エッセイまで お任せください。読む人を惹きつける「命」が宿った作品を作ります。

0コメント

  • 1000 / 1000